のほほんな毎日。


by marron-bear
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

締めくくりの発表会!

待ちに待った発表会!!!

このインフルエンザ大流行で、大雨の運動会に続き、
もしや発表会まで中止とか
長男くん泣く泣く欠席(T_T)とかならんよね・・・・と
心配していましたが、無事今日を迎える事が出来ました。

年明けから始まった練習も何度も繰り返し行われたリハーサルも
全て今日のために積み上げられてきました。

まずは、恒例年長さんによる「かぎやで風」。
d0017310_17192554.jpg

d0017310_17195324.jpg

琉舞はやった事も無いからか、難しそうなのにこの歳でやるって凄い!
そして、教える先生も凄い!!
「むずかしいよぉ~目線とか扇の向きとか特に。」と言っていた長男くん。
とっても立派に出来ていました。

そして、ダンス「ブルージーンの子供たち」。
d0017310_17202361.jpg
d0017310_17203657.jpg

衣装で 《上下ジージャンジーパンで・・・》と書かれてあった時点で、
一昔前っぽい?と思ってましたが、その通りのプログラム(^_^;)
6歳の子供たちがこんな大人っぽい動き(指を鳴らしながらカッコつける感じ。)を
するのが超おっかしくて(^◇^)
どうしても、指パッチンが出来なくて手が下向きになってたし、
しかも、麦わらのテンガロンハットを被った我が子はどう見ても、
「種まきする農家のオッサン」にしか見えんかった・・・(*^。^*)

更に、フィンガーアクションも。
d0017310_1721515.jpg
d0017310_172119100.jpg

これはね・・・・BGMが「キセキ」使ってたのが泣けたねぇ・・・
初めは顔も出ないし、どれが我が子か判らなかったけれど、
リズムを手で刻んでいたのが見えたので、「これだ!」と確信。
家で何気に練習していたのを見ていたので、このクセを覚えてました。


そして、今回の見せ場・創作劇「月のうさぎ」。
      森でいつも仲良く遊んでいた、狐と猿と兎の前に、餓死寸前の老人が現れて、
      可愛想に思った狐と猿は、森の中を駆け回って食べ物を集め、
      老人に食べさせ元気づける。
      不器用な兎は食べ物を見つけられず、自分の身を炎の中に投げ込んで、
      それを老人に食べて貰おうとした。

      老人は、実は天の神だったので、兎のその犠牲的奉仕の、優しさと愛を褒め、
      兎の好きな月に住まわせてやる、と云うお話。
d0017310_17215023.jpg

キツネ役の長男くん、今年は付け鼻が無くて良かったよ(^_^;)
しかし、この演技がまた凄かった!
自分たちでもいろいろと演技を考えたりしたそうだから、熱が込もってました。
私は、最初のゴロゴロみんなが寝転んでる場面で鼻の奥がツーンとしました。
「兄弟のように仲良く暮らしていました」というナレーションに、
5人しかいない年長クラスで、本当に兄弟のように毎日を過ごしてきたんだろうなと
しみじみ想ってしまって・・・(;_:)

ちなみに、年長さんの劇では毎年それぞれが得意とする事を劇中に盛り込んでいます。
運動が得意なコは組体操の演技を披露したり、
歌が得意なコは歌を歌い・・・・
そんな中、長男くんは・・・・
泣いてる兎を慰める場面で、

「ぼく、九九を覚えたよ!」

・・・・・・・・・へ?いきなり?そこで?(゜o゜)!
d0017310_1722332.jpg

二の段をやるってのは聞いてましたが、
さすがの先生もどこで入れていいものか悩んだようです(^_^;)
九九は最近のマイブームのようで、アピールしていたそう。
家でも寝言で言ってたくらい。でも、はっきりと上手に出来てましたよ。

そして、最後はお馴染みのダンス「陽はまた昇る」を年中さんと合同で。
盛り上がりました♪

そうそう、おちびちびも初めての発表会、頑張ってました。
パジャマに着替えることでボタンの練習!
d0017310_17232715.jpg
でも、結局途中でダメだ!と思ったらしく、先生にやってもらってました(^_^;)
ダンス「ぽぽちゃん体操」もとってもかわいく踊っていました。
d0017310_17233936.jpg
d0017310_17235181.jpg

合唱では、一度観客席に戻ってきてまた出番!だったので、大泣き(TOT)
でも、初めての発表会にしては上出来です♪








年長さんの長男くんは合唱と終わりの言葉も入れて、全部で7演目!!!
よくまぁ、こんなに覚えられたもんです・・・凄すぎっ
それにしても、こんなに教えてくださった先生方の熱意・努力は
いつもどんな行事でも本当に頭が下がります。
「出来た成果よりもそれまでのプロセスが一番大事」とお便りにも書かれてありましたが、
子供たちをここまでそろえさせるのは、並々ならぬパワーが必要だったに違いありません。
モチベーションを高めるのは大変なことですから・・・

本当に成長しました。
その姿に何度目頭が熱くなり、涙を堪えるのが必死だったか!
それと同時に、この園にして本当に良かったなぁと感じました。

後のお便り帳で知ったこと、
この発表会の年長さんの姿を見て
来年、公立の幼稚園に行こうとしていた年中さんの何名かが
そのまま年長クラスへ進みたいと、申し出てきてくれたそうです。
たった5名の年長クラスの子供たちの演技が、親御さんたちの心を動かしたと知って、
本当にほんとうに嬉しかった。

その晩、ビデオで撮った発表会を一人見て、号泣しました。
誰の目も気にせず大泣きしたかったんだもん。
我が子に感動させられることの多いこと!

大きな行事もあと残すは、卒園式のみ!!!!!
あと1ヶ月、サウンドの良いところを余すことなく吸い取って卒園してほしいです(*^_^*)
[PR]
by marron-bear | 2009-02-11 00:18 | 子育て